「転職活動は在職中と退職後のどちらが有利なのか?」

この点は転職希望者なら一度は疑問に思うはず。そこでここでは、在職中と退職後のどっちが有利なのか、そしてその理由はどうしてなのか、という点について見ていきます。

ざっとでもご一読されますと、どのタイミングで新天地探しに取り組むのがベストなのかが分かるはずなので、ぜひ最後までお付き合いください。

断然在職中である

まず結論から申し上げますと、転職活動は今の会社を辞めた後ではなく、現職にいる間のうちに取り組んだ方が断然良い結果が見込めます。どうしてなのかについてはこれからご紹介します。

職歴にブランクができない

転職活動に必須なのが履歴書・職務経歴書です。ここにブランクがあると採用側も気になってしまうものなので、ブランクがあると面接でも何度もその理由を聞かれてしまいます。

一見すると「転職活動のために前職を離職した」は理に適っているように思えますが、現職中に職を見つけられないかった人。それに、直近は仕事をしていないので、業務スキルは落ちている、と評価されます。

要するに職歴のブランクはマイナスにしかならないのです。

しかも一度でもブランクを作ってしまうと、今後転職活動をする度に、そのブランクが傷となってしまう事がありますので、在職中に転職活動に取り組み、転職先を確保したいですね。

収入面で困らない

在職していれば、転職活動との両立はもちろん大変ではありますが、一定の収入は保証されます。転職活動は、スーツを新調してみたり、遠方での面接などと意外と金銭的負担を伴います。

それに加えて普段の生活費もかかってくるわけですから、生活を圧迫しないよう在職中に転職活動に取り組みたいところです。

収入面で不安があると焦ってしまい転職活動がかえってうまくいかないケースがあります。それに貯蓄が底を尽きかけてくると、冷静な判断が出来なくなってくるので、在職中に固定収入を得ながら転職活動に取り組んだ方が良いのです。

焦って転職先を決めずに済む

在職中でなければ、金銭面だけでなく自分の居場所がない事からの焦りがでてしまうでしょう。その結果、つい転職活動を妥協してしまいがちです。

内定を頂いたので、とりあえず転職しようでは会社にとっても自分自身にとっても不利益を及ぼしてしまう事があります。この場合、思っていた会社や業務内容ではなかったからといって、再度転職活動に取り組まなくてはいけない事態に陥ります。

こうなると何度も短期間で転職活動を繰り返すことになり、職歴に傷がついて、ますます転職活動が厳しくなってしまいます。こうならないためにも転職活動に取り組むのでしたら、腰を添えて働ける環境を見つけるべきなのです。

そのためには焦って転職先を決めなくて済む、現職在職中の方が転職活動には都合が良いのです。

仕事と転職活動を両立させるコツとは?

以上ご説明した通り、転職活動は在職中に行うことが大切だという事をご紹介しましたが、現職と転職活動は決して簡単なものではありません。そこでここでは両立していくためのコツについてご紹介します。

在職中の隙間時間の活用

転職活動の為に時間を作ることはとても難しい作業です。休日も予定が入ってしまったりして、在職中にまとまった時間を確保することは至難なため、隙間時間を徹底的に利用しましょう。

具体的には30分だけ早く起床し転職準備をするなど、限られた時間の中での作業は驚くほど効率があがります。正直、30分あれば履歴書の作成や転職サイトへの登録などは行えます。

毎日本業で忙しいとはいえ、移動時間や仕事の休憩時間といった隙間時間を転職活動の準備に回せば毎日1時間程度は転職準備に回せるはず。この隙間時間を活用しない手はありません。

予定表とtodoリストの作成

在職中であると、仕事のスケジュール優先になってしまう為、転職活動においてやらなければいけない事を後回しにせざるを得ない状況になってしまうことも多いでしょう。しかし、それでは在職中に転職することは難しくなります。

その為にも1ヶ月ごと、1週間ごとにすませる予定を決め、その予定の隙間に転職活動関係の案件を入れるようにしましょう。これを行うためには当然、手帳や予定表の有効活用が欠かせません。

また、転職活動では数社を並行して受験していくことになる為、会社ごとに必要書類が異なったり、用意するべき内容が異なります。それに本業のやることも日々増えていくはずです。

この点を考えると、1つのTO DOリストを活用して、やるべきことを明確にして、無駄なことを省いていく工夫が必須になります。

書類更新の手間を最小限にする

既卒受験にあたって、履歴書に加え職務経歴書はかなりの重要書類になります。

この職務経歴書には現職での実績や担当案件を書くことになりますが、在職期間が延びれば伸びるだけ書類に記載することになるアピールポイントや担当案件は日々どんどん増えるはず。

そこで、書類作成の手間を省くためにも実績はこまめにメモしたり、学びや結果を書き留めておく事をおすすめします。

またその際には数字などもしっかりと記録しておきたいですね。数字が伴えば説得力のある職務経歴書を作成できることに加え、面接でも具体性の話をPRすることが出来ますので何かと便利。

毎日募集要項に目を通す

在職中にはやるべき事が多く、転職活動を二の次にしてしまいそうですが、魅力的な募集は突然入ってくるものです。そのためにも毎日募集は欠かさずチェックすることで、せっかくのチャンスを逃さないようにしたいですね。

また転職市場においては人材の募集から応募者の応募締め切りまでの期間が新卒の就職活動に比べるとはるかに短いです。この点を考えると、チャンスが来て慌てないためにも予め履歴書などの準備はしておきたいところ。

新天地探しは退職前からやるべき

これまで取り上げた内容を徹底すれば、在職中であろうと転職活動がスムーズに取り組めます。もちろん在職中の転職活動は時間のやりくりが難しいですが、経済面等をはじめとした数々のメリットがあります。

現職にいる間に新天地を探すことを邪道と考える人もいますが、数々の利点を考えると管理人個人としては今の職場を辞めずに転職活動に着手することを強く推奨したいです。特に何かあれば戻る職場があるのは心に余裕が生まれるので、自ずと成功率も上がります。

この点を考えると、今の職場を辞めてから転職活動に取り組むのはかなりもったいない、ということが分かるのではないでしょうか?

ちなみに、今の職場で働きながら転職活動に取り組むのでしたら現職に新天地探しがばれない工夫が必須。この今の職場に気づかれずに転職活動に取り組むコツについては、こちらのページで特集中です。

現職にばれずに新天地を探すコツ