転職活動のストレスは大きい

転職活動には残念ながらストレスが付き物。管理人自身の経験になりますが、今までどおり働きながら履歴書や職務経歴書を作成し、面接の対策をおこなって一生懸命やっていてもなかなか結果がついてこないとなるとストレスでいっぱいになります。

こうなるとなかなか上手くいかないことに腹が立ち、自分を責めてしまう時もあるかもしれません。これではストレスで心身ともに疲れ切ってしまいますよね。

この点を考えると、「ストレスマネジメントの質が転職活動の結果を決める」と言っても過言ではありません。そこでこのページではストレスをなるべくためず、転職活動に着手するコツについてまとめてみました。

睡眠の深さに気を配る

転職活動でストレスを溜めないためにまずはじめに心がけたいのは、睡眠に気を配ることです。

人間のベストな睡眠時間は7〜8時間といわれていますが、年齢や体質、普段の労働の種類などによって必要な睡眠時間は異なります。そのため、睡眠時間の大事ですが「睡眠の質」をあげることが重要になります

睡眠の質がいいかどうかを判断する材料として有効なのが「目覚めの良さ」。たとえ5時間の睡眠であってもシャキッと起きることができれば問題ありません。

また、睡眠の質をあげるために大切なのは「自律神経を整えること」です。就寝ぎりぎりまでスマホやパソコンを触っていたり、明日やるべきことや心配ごとで頭がいっぱいではありませんか?

できるだけ睡眠前はリラックスした気持ちでいることを心がけ、睡眠の質を上げることで転職によるストレスを溜めない工夫をしましょう。

弱音を吐ける人を社外に持つ

ストレスが付き物である転職活動において、一人で抱え込みすぎないようにしましょう。ストレスを限界まで溜めてしまうと転職活動もうまくいきません。

転職に際し、準備することが多すぎていっぱい、いっぱいになってしまい、つい他人に相談することを避けてしまう方はいますが、かえってストレスが溜まってしまい逆効果。

自分のストレスを気のおけない家族・友達・恋人に打ち明けてみることで、悩みが軽くなったり、思いもよらないアドバイスをもらえることがあります。なので、どんどん他人に相談することをおすすめします。

ちなみに管理人の理想的な相談相手はキャリアカウンセラーです。

キャリアカウンセラーというのはキャリアの悩みの相談に乗ってくれるカウンセラーであり、あなたの今後のキャリアに対する悩みを聞いてくれ、あなたに適切な助言をしてくれます。

「何をしたいのか。これからどうしたいのかイマイチよく分からない。」というような人はカウンセリングを受けるのが有効でしょう。

2週間に1度何もしない日を作る

転職によるストレスを溜めないためにも、2週間に1日くらいは何もせずに休む日を作ることが重要です。息抜き上手になることでストレスを定期的に発散するように心がけたいですね。

人間毎日頑張りすぎてしまうといつかエネルギーが切れてしまいます。ストレスが原因となり、鬱病を引き起こしたり、不安症状、めまいなど心身に不調が起きてしまうこともあります。

まずは、転職をはじめ、ストレスを溜めないように自分自身を労ってあげてくださいね。

特に仕事も転職活動も頑張ってしまう責任感が強く真面目な人は、比較的ストレスを溜めやすく体調を崩しやすい傾向にあるので無理しないでくださいね。

何もしない日や自分のしたいことができる時間を作ることでストレスをリセットしましょう。その上で次の日から転職活動にとりかかることで、頑張るときと休む時のめりはりを意識していきましょう。

軽めの運動を定期的にする

軽めの運動はストレス解消に役立つといわれています。運動を定期的に行っている人は、そうでない人に比べてストレスを溜めにくいといったデータが出ています。

そこでストレスの解消並びに、気分転換のために転職活動中は意図的に運動に取り組んでみたらどうでしょうか?

特に忙しいのでしたら、手頃に行えるジョギングやウォーキングといった有酸素運動がおすすめ。軽い運動をすれば体温が上昇し、リラックスができたり、すっきりしますので、ストレス解消にぴったりです。

それに運動をすれば睡眠の質も上がるので、結果として体力の回復にも役立ちます。こういった多数のメリットを考えると、疲労感やストレスを感じるときこそ軽い運動を取り入れることをおすすめします。

一人で転職活動をやらない

弱音を吐ける人を社外に持つのが大事だと先ほどお伝えしましたが、転職活動を全て自力でやるのはあまりおすすめしません。なぜなら、一人でやるとどうしても視野が狭くなるからです。

そこで転職エージェントをはじめとした転職活動の専門家の力を借りることで我流による遠回りを避けながら効率的に新天地探しに取り組みたいところです。

エージェントに相談しながら転職活動を進めれば、自分が転職を成功させるために優先的に行うべき事が分かります。特になかなか内定がでない時は、何が問題あるのかなどを客観的に分析してもらえれば非常に力になるはず。

ちなみに転職エージェントやキャリアカウンセラーは転職を成功させるだけではなく、メンタル面のサポートもしてくれます。ノウハウの面でもストレスマネジメントの面でも一人で転職活動に取り組まず、転職エージェントの手を借りたいですね。

ストレスの解消術は面接で聞かれる

「あなたのストレス解消法はなんですか?」

これは採用時に聞かれるオーソドックスな質問の1つです。それではどうして企業側はわざわざこのような質問をするのでしょうか?

企業も受験者のストレス耐性だったり、溜まったストレスをうまく解消して働いてくれるメンバーを優先的に採用するようになりました。それはそうですよね。せっかく採用したメンバーが潰れてしまったら採用コストが無駄になるのですから。

この点を考えると面接対策のためにも、自分のストレス対策のためにも自分自身のストレス解消法を見つけることは非常に重要です。

ちなみに理想を言ってしまえば、ストレス解消法はいくつかあることがベスト。しかし、そんなに何個も見つかるものでもないと思います。

そこでまずは1つでよいので、気軽に行えるストレス解消法を見つけましょう。それが見つければ、定期的にそのストレス解消法を行いながら転職活動に取り組めば自ずと良い結果に繋がります。

ストレスをゼロにするのではなく、程よい水準にコントロールする。この点を意識し、無理のない範囲でストレスと関わりながら転職活動に取り組みたいですね。

最後にストレスマネジメントとは話が変わりますが、なかなか転職活動の進展が進まない人に当てはまる原因をまとめているページをご紹介します。ストレスマネジメントについて特集したこのページと併せて目を通せば、転職活動の成功率は2倍に上がるはず。

転職活動が上手くいかない理由とは?