「転職活動は働きながらが一番」

約8割の人が現職で働きながら、その間に転職活動を行い、内定を得ていることが転職サイトの調査で分かりました。

この事実を知るとあなたはどう思うでしょうか?

もしかしたら、「毎日の現職での仕事を切り盛りするだけでも精一杯なのに、転職活動にまで手が回らない」とか「やっぱり新天地探しは今の会社を辞めてからじっくりとやりたい・・・」なんて思うかもしれません。

こういった気持ちが起きるのは一見すると自然なことに思えますが、離職中の転職活動は現職で働きながらの転職に比べると失敗リスクがずっと高くなります。

なぜなら、仕事が決まらない期間が長引いてしまうと、気持ちや金銭的な余裕がなくなり、希望でなかった先の内定に飛びついてしまったり、企業側から見るあなたへの評価が下がってしまう恐れがあるからです。

この点を考えると、やはり新天地探しは現職中に取り組むのが無難という結論になります。そこで今回は現職の仕事と転職活動の両立を実現するための工夫について考えてみます。

今の仕事の効率を上げて時間を作る

現職で働きながらの転職活動はなかなか時間を工面するのが大変になってきます。

時間がないからこそ、今の仕事の効率を上げて、転職への時間を捻出したいものですね。そこで今回は、仕事の集中力アップに効果的な行動習慣をまとめてみました。

仕事の集中力アップに効果的な行動習慣は?

◇1日を3つのタスクに分け、仕事内容によって行う時間帯を変える

1日のうちで脳が一番活性化するのは午前中です。午後、夜にかけて働きが鈍くなっていきます。それを考えると、仕事の内容によって、仕事を次のように振り分けるのが理想的です。

午前 企画関係の仕事
事務仕事をする
1人で行う仕事
午後 打ち合わせや会議
共同作業
会食や資料作成
集中力が不要な事

仕事にとりかかるとき、重要度の順に片付けていこうとしがちです。しかし、集中状態に入れば1分でできるかもしれないことを、集中できない時間帯に行うのは非効率。

1日をトータルで捉えて午前中にすべきこと、午後にすべきこと、夜中に対応することを明確にしてから1日の仕事をスタートさせることを意識してみてください。

移動中やお昼休み、休日を転職準備に回す

次に転職活動に成功された方々は、どんな時間を転職活動に充てていたのかについて考えてみます。

集中して時間を確保できる「休日休暇」の活用が65.2%と最多ながらも、次いで「会社の就業時間後」(35.0%)や「出社前」(15.2%)など、出勤日にも並行して転職活動を進めた人は少なくありません。

中には、「通勤中・移動中」や「会社の昼休み」などの仕事の合間時間を上手に利用したり、「現職の勤務時間中」に転職活動をしている!←(笑)といった方もいらっしゃいました。

特に通勤時間やお昼休みをはじめとした隙間時間は絶好の転職活動の準備時間になります。限られた時間の中で内定を獲得するためにも移動時間や比較的自由に動ける休憩時間を有効活用したいところです。

面接日は平日の夜か土日に入れる

本業がある以上、面接は土日に入れるのがベターですが、土日に対応してくれない会社も実は少なくありません。

これは転職する側からすると非常に困りますが、転職した人の中には同じような境遇の人もいたはずです。それではその人達はどのように転職を成功させたのでしょうか。

そこでここでは土日休みでスケジュールを合わせにくい転職活動の進め方についてお伝えします。

平日の夜に予定を入れる

ここ最近は中途採用を募集している企業側も転職活動中の人の事情を理解してくれていることが多いようです。

そのため多少遅めの時間に面接をしてくれるケースが増えています。視点を変えれば、「転職活動中の人に対してどのような対応をするのか」ということから、その企業の風土を知ることができるでしょう。

きちんと対応してくれるところなら、社員を大事にしてくれる可能性が高いですし、そうでないのなら、あまり社員思いの良い企業ではないのかもしれません。

まずはダメ元で面接時間を工面してくれるか交渉してみるのも、一つの手と言えます。企業に面接日時を交渉できるようになるとスケジュールが組みやすくなりますよ。

効果的に有給を活用する

現職の仕事と転職活動の両立の鍵は有給の有効活用にあります。

転職活動をしていると、平日しか面接のセッティングをしない会社に出会うことがあります。そんな時には是非とも有給を利用して合法的に会社を休むことをおすすめします。

今の日本では有給の取得率が100%という会社はほぼない以上、おそらくある程度の有給が残っているはず。

もう退職すると決めた会社なのですから、転職活動を残っている有休の消化機会に利用しない手はありません

転職エージェントの力を借りる

今の職場の業務と並行しながら転職活動に取り組むことは、転職エージェントの力を借りることです。

なぜなら、転職エージェントは転職のプロなのであなたの年齢や経験に見合った転職先を確実に選別できるからです。

それに転職エージェントは、企業に転職者を採用してもらうことで収入を得るのが仕事のため、あなたが採用されそうな会社を無料で紹介してくれます!

これは転職活動のミスマッチの確率が低くなることに加えて、企業探しの効率化に繋がるので利用しない手はありません。

新天地探しに関するまとめ

実は転職活動に成功する人というのは、仕事のスケジュールを上手に管理して転職活動に充てたり、転職エージェントに登録することで現職の仕事をしながら新天地探しに取り組んでおります。

逆になかなか転職先が決まらない人はこれらが出来ていません。そこで転職を成功させたいのでしたら、スケジュール管理等に力を入れて上手に今の仕事との両立を実現したいですね。

転職をした未来のあなたが、幸せに過ごせるような会社に勤められることを願っています。ちなみに今回は取り上げなかった転職活動の手順が気になりましたらこちらをどうぞ。

新天地探しの手順を大公開