転職活動をするにあたり、会社関係の人にばれてしまう事に不安を抱えられている方は少なくないでしょう。少しでもリスクを下げて転職活動に集中出来る環境を作れるといいですね。

そこでこのページでは転職活動を会社の同僚にばれないために心がけたい工夫会社の同僚に新天地探しがばれる主な理由をご紹介します。まずは新天地探しに気づかれる理由からです。

転職活動がばれるのは理由がある

転職活動がばれるのにはいくつか理由がありますが、代表的な発覚理由はこちらの通りです。

  • 退社時間が早くなる
  • 有給の使用頻度が増える
  • 同僚にうっかり話してしまう
  • 服装や髪型が突然変わる
  • 社内メールやパソコンを使う

この5つの詳細とこの5つが発覚に繋がる理由についてこれから見ていきます。

退社時間が早くなる

今まで、積極的に残業をしたり、上司に飲みに誘われても快く参加していた方なら退社時間がいきなり早まってしまうと新天地探しがばれるリスクが上がります。

いきなり毎日定時で退社するのを避けるなど今までの行動を極力変えないようにしましょう

何かを聞かれたら、父の具合が悪いとか、新しい恋人と会うんだ・・・といったもっともな理由をつけて転職活動をしていることはばれないようにしたいものです。

有給の使用頻度が増える

冠婚葬祭ではない理由でのいきなりの有給取得も新天地探しがばれる可能性が高まります。しかも転職先の選考が何度にも渡ってしまうケースや数社を併願する場合、いきなり急な有給申請が増えてしまいばれる危険性があります。

特に怖いのが有給申請の理由を聞かれてしどろもどろになってしまい、転職活動に取り組んでいることが疑われることです。あらかじめ転職活動先に採用スケジュールを確認する事で急な有給申請は可能な限り控えたいところです。

同僚にうっかり話してしまう

つい同僚に心を許してしまい、会社や上司の愚痴を話している延長で転職活動について暴露してしまうことがあるかもしれません。しかし、同僚にも最新の注意を払って、転職活動がばれるリスクを増やさないようにしましょう。

特に飲み会の席では一気にあなたの転職活動の話が広まってしまう恐れがあるので、絶対に口外しないように注意してください。行き詰まりを感じた時には会社とは一切関係のない人に話すようにしたいものですね。

服装や髪型が突然変わる

転職活動を始めてからは、やはり髪型や服装は変えていく必要があります。しかし、突然雰囲気が変わると周りが疑いをもつもの。

そこで服装や髪型の変身は徐々に行うか、諦めて転職活動に使用する服を別に持ち歩くなどして急な変化を周囲に感じさせない努力が必須。

そのためにも噂が立たないようにも気をつけたいところですね。ちなみに管理人がおすすめしたいのはあらかじめ、イメチェンしようかなど周囲に話しておき、服装や髪型変化を自然な流れにする根回しをすることです。

これを行えば新天地探しがばれるリスクが格段に下がります。

社内メールやパソコンを使う

転職活動をはじめると、転職サイトに登録する為のメールアドレスが必要になります。こちらの登録は必ず、メールアドレスは個人のものを使うようにしましょう。

また、ログイン履歴なども残ってしまうなど予想しないところでパソコンを見られてしまう可能性がありますから、パソコンも会社のものは使わないようにすることを徹底しましょう。

これを怠ると会社に調べられると一発で転職活動に取り組んでいる事実が発覚します。

発覚リスクを下げるコツ

上記では転職活動がばれる理由をご説明しましたが、次に転職活動がばれるリスクを下げるコツをご紹介しましょう。

現職の仕事を頑張る

転職活動はとても体力や労力を使う作業です。どうしても睡眠時間や自由時間の確保が難しくなり、つい仕事をないがしろにしてしまいそうになるかもしれません。

「どうせ今の会社は辞めるから・・・・」と思うと現職の業務に力が入らないこともあるはずです。しかし、そういった変化に周囲は敏感であり疑いを持たれてしまうかもしれません。

現職も極力力を入れて取り組んで下さい。どうしても有給を取得しなければならない日が増えてしまいますので出勤日には転職がばれない様普段通りの対応を心がけてください。

また、今の仕事を頑張ることは、100%転職活動にも優位に働きます。なぜなら、転職活動での応募書類始め、面接では既卒者である場合ほとんどのPRが現職になってしまいます。

仕事を頑張ることで、より転職活動に有効なPRできる事項が増えます。

それにそもそもの話、志望動機がネガティブな理由な受験者よりも現職を頑張っていて次のステップに活かしたいというようなポジティブな視野をもっている方の方が採用されやすくなります。これらの点を考えると可能な限り、今の職場の仕事も頑張るようにしたいですね。

極力休日に活動する

どうしても転職活動は仕事の合間や仕事後の平日の時間を使って行わないといけない事もあるはずです。これは仕方ありませんが、極力転職活動は休日に行うのが無難。

現に平日では転職に関する書類を持ち歩いてしまうことで新天地探しがばれるリスクは高まります。それに普段の通勤経路を使っていないところを見られてしまうのも避けたいところです。

この点を考えると周りの目を何も気にしなくてよい休日に転職活動に取り組むように心がけるのが一番無難なのです。

社内では外部と連絡しない

エージェントや受験先の会社から平日に連絡が入ることがありますが、こちらに関しては社内では受けないのが無難。

なぜなら、話している内容で転職活動は簡単にばれるかもしれませんし、音漏れや電話の応対からも転職を周囲に感づかれてしまうかもしれないからです。

それに電話だけでなく、ケータイメールなども避けましょう。私用メールのやり取りを何度も行っていると、不要な疑いを持たれます。

この点を考えると社内ではきちんと仕事をやる真面目なキャラを演じ続けるのが非常に重要になります。

自分から口を割らない

ここまでしっかり対策していても周囲にはあなたの転職活動に勘付いてしまい、結局ばれることがあります。カマをかけてくる上司がいるかもしれない事を心に留めておいてください。

同僚や上司から、転職は考えていないのかなどと探りを入れてこられる場合もありますが、ばれることを絶対的に避けたいのであれば自分から口を割ってしまわないように気をつけたいところです。

転職関連の話が出たら極力目立った発言は避けて、口数も最小限にしてばれる事がないようしっかりとリスク管理していきましょう。

上手く隠すことが大事

転職活動をばれる事なく行う事は決して簡単な事ではありません。しかし、しっかりと転職活動がばれる原因とばれるリスクを下げるコツを把握し行動する事で転職活動がスムーズに行きます。

ちなみに、このページでは特に深く掘り下げなかった今の職場の仕事と新天地探しを上手く両立させるコツについては以下のページで深く取りまとめているので、是非ともご覧くださいませ。

今の仕事と新天地探しを両立する工夫