転職活動の合否は準備次第

今の会社の給与や人間関係、そして労務環境に不満を持つと頭に浮かぶのが転職活動ではないでしょうか?

正直な所、転職活動に取り組めば今の職場よりも良い職場に移れる可能性があるので、転職活動はチャンスに満ち溢れております。

しかし、転職活動を成功させるにはきちんとした準備が必要なうえ、結構エネルギーも必要なので今の職場で働きながら取り組むのは相当困難。つまり、中途半端な準備と生半可な覚悟で転職活動に取り組むとただの時間の無駄になる可能性もあります。

そこでもしあなたが本気で転職活動を成功させたいのでしたら徹底的な準備をすることをおすすめします。この転職活動の準備をする際に役立つのが当サイト、「転職活動準備ガイド!」です。

この「転職活動準備ガイド!」には新天地探しを成功させるための事前準備や新天地探しに失敗しないコツ等についてまとめております。

今回のページでは当サイトの特集内容の触りについてまとめてみましたので、一緒に目を通してみましょう。

まずは転職活動の全貌を押さえる

事前準備が結果の9割を決める」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

この言葉の意味は、何事も結果を決めるのは本番での頑張りではなく、事前の準備であることです。実はこの事前準備が大切なのは、転職活動も同様。

この転職活動の準備において一番最初に取り組んでおきたい事前準備は、全体像の把握です。この全体像の把握とは、転職活動のスタートから新天地に移籍するまでの流れを把握することになります。

実は転職希望者の中でも意外とこの転職活動の全体像を把握していない人は少なくありません。そこでここでは転職活動の始めから終わりまでの一連の流れを時系列順に列挙してみました。

  • 自己分析と今後の展望の明示化
  • 職務経歴書の作成
  • エントリーする企業を探す
  • 企業に書類を送り、結果を待つ
  • 面接のオファーをもらい、受ける
  • 面接(採用)の合否を待つ
  • 内定の承諾をする(終了)
  • 現職の仕事を引き継ぐ
  • 新天地に移る(完全な終了)

どうでしょうか?なんとなく転職活動に着手する際に取り組むべきことが分かりましたでしょうか?

いまいちイメージが掴みきれない箇所もあるかもしれませんが、今は「転職活動ではやることが多い」という点さえ掴めば十分。ここでまとめた各段階でやるべきことについては後程個別ページでご紹介します。

次にやるべき準備とは?

先ほど転職活動に着手する際にまず取り組みたいのは、「全体像の把握」と言いました。

それではこの「全体像の把握」の後に行うべき準備とは何なのでしょうか?

実はこの転職活動の全体像を把握した後に行うべき準備として挙げられるのが、自分の価値と経験の棚卸しです。つまり、言ってしまえばこれまでの社会人経験で培ったスキルと経験してきた行為を一覧にすることです。

実は、このスキルや経験次第で転職市場における価値が大きく変わります。

20代前半を対象とした第2新卒は別にせよ、一般的にはどの企業も転職者にはある程度の成熟性を求めます。

例えばIT系の企業なら転職者には最低限のパソコンスキルを求めます。それに経理職なら簿記の資格や経理経験はやっぱり求められます。

この点を考えると、ご自身の社会人経験の中でやってきたことと、今できることを棚卸し、自分の現在地をきちんと把握したいですね。

この現在地の把握を誤らなければ、あなたの現状値が分かります。この現状値を誤ると転職活動で無謀な高望みをしてしまう恐れがあるので非常に重要です。

鍵は理想と現実のすり合わせ

突然ですが、左の会社と右の会社のどっちに入りたいですか

  • 給料が高い会社と安い会社
  • 仕事が楽な会社と厳しい会社
  • 残業0の会社と長時間労働の会社

おそらく、左の会社ですよね。しかし、原則として残業が全くなくて給料が高い会社は原則としてありません。(一部の超優良大企業は別)

この点を考えると、転職活動において非常に重要なのが新天地に理想を求めすぎないことです。例えばです。

自分の家から15分以内で、年収は800万円以上、しかも毎日定時に上がれる会社。

こんな条件の転職先を探すと候補はまず出てきません。しかし、少しだけ条件を変えると話が変わります。

例えば、「多少給料が安くても良いから、残業がない会社」。

この条件なら業種・業界問わず様々な会社が出てくるので、その中からあなたの自宅と近い会社を選べばよいのです。そうすれば「残業がなく、比較的家から近い」という会社に移れるので、理想の職場の最重要ポイントを満たしたことになります。

どうしても転職活動では理想の職場を追い求める人が後を絶ちませんが、理想を全て満たす会社は基本的にありません。そのため、新たな職場を探す際には絶対に譲れない最重要ポイントを満たす職場を探すのが王道のアプローチになります。

ちなみに職場選びの最重要ポイントを満たす新天地を見つけるコツについてはこちらのページでまとめているので、よろしければどうぞ。

新天地探しのコツとは?

理想は徐々に準備する事

これまで見てきた通り、転職活動に着手する際の準備でやらなくてはいけないことはたくさんあります。しかしやるべき準備が多いとなると心が折れるかもしれませんが、今の職場で働きながら無理ないペースで継続的に行うのが重要。

現に普通のサラリーマンをやっていれば、土日はおそらく休みだと思います。普段ならごろごろしている土日を転職活動の準備に回す。

そして平日の通勤時間でスマホを使って転職活動の準備のための情報収集を行い、昼休みに職務経歴書を書く、といったことをやれば今の生活を崩さずに転職活動の準備が出来ます。

どうしてもやらなくてはいけない準備が多いと、大変なように感じるかもしれませんが、無理のないペースで着手すれば今の生活リズムを崩さずに転職活動に取り組めます。

小さく準備に取り組み、準備が整った時点で本格的に転職活動に取り組む。この2段階アプローチで転職活動に着手する姿勢が転職活動の成功において最も重要になります。

新天地探しは今がベスト

ご存知かもしれませんが、現在は日本の景気が良いことをご存知でしょうか?

新聞やネットで調べれば一目瞭然ですが、現在の日本経済は日経平均が2万円台となっており、日本経済はかなり調子が良いです。この日本経済全体の調子の良さは実は、転職希望者には非常に追い風。

なぜなら、経済全体の調子が良い場合、企業は求人数を増やすので、転職希望者に対する門戸が増えているからです。この流れを考えると、転職活動をはじめるタイミングとして今は絶好のタイミング。

そこでもしあなたが本気で今の会社を辞めたいのでしたらこの好景気のタイミングを逃す手はありません。

それに先ほどもお話ししましたが、転職活動の準備は小さくでも始められます。その小さな準備の最たるものが転職サイトに登録することです。

この小さな準備を始めれば、現在人材を募集中の企業から求人オファーが来ますので、通勤時間にでも登録してみてはいかがでしょうか?

転職希望者が良く抱く疑問と悩み

ここまでの内容である程度転職活動の流れやまずやるべき事等の理解が進んだのではないでしょうか?

ここまでご紹介した内容の詳細については後程個別ページでより詳しく取り上げますので、ここからは転職活動のご理解を含めて頂くために転職希望者が良く抱く疑問を一覧にしてみました。

  • 在職中と退職後のどっちが有利?
  • なかなか時間の確保ができない
  • 職歴のブランクって大丈夫?
  • 会社に新天地探しをばれたくない
  • 転職活動ってお金かかるの?
  • 何ヶ月くらいの期間を見るべき?

ここで取りまとめた6つの疑問についてはこれからご紹介します。

在職中と退職後のどっちが有利?

まず誰もが気になる疑問の1つに、転職活動は現職在職中と退職後のどちらが良いのかという点。

この点に関しては間違いなく現職在職中です。なぜなら、一度会社を辞めた場合、転職市場においては「無職」という肩書きになるので、どんなにスキルがあろうと無職扱いされるからです。

それに会社を辞めた場合、職歴にブランクが出来るので、採用する側に良い顔をされません。この点を転職活動に着手するのでしたら余程の事がない限り、現職に在職している間に動くのが無難です。

なかなか時間の確保ができない

毎日の仕事、恋人とのデート、友人づきあい、それに家族サービス、大好きな趣味の時間。

これらに取り組む時間を考えると、なかなか転職活動に取り組む時間を確保するのは難しいですよね。事実、転職希望者の多くは準備に時間を取れないことに頭を抱えております。

この時間がないこと自体は良く分かるので、管理人個人としてはこのページの中でもご紹介しましたように小さな準備を積み重ねることをおすすめします。

例えば、毎朝と毎晩の通勤時間で1つの転職サイトに登録をする。これを行えば1週間で10の転職サイトに登録が出来ます。

毎日の休憩時間に1社、会社を探す。これをやれば2週間で10社くらいは受ける会社の情報が集まります。

転職活動でやるべき準備は多い上に、時間に追われる毎日を考慮するとなかなか準備が進まないのは分かりますが、小さな準備を無理ない範囲で積み重ねれば転職活動の成功に繋がりますので、無理のないペースで準備に取り組みたいですね。

職歴のブランクって大丈夫?

「職歴のブランク(空白)」がどの程度転職活動に影響を及ぼすかは気になりますよね?

実は、短期間(3か月未満)ならそんなに影響はありません。なぜなら、転職先を決めずに新天地を探す場合は、3ヶ月くらいはどうしてもブランクが出来るので、そこまで採用担当者は不思議に思いません。

しかし、半年、1年と明らかなブランクがあればそのブランクは転職活動においてマイナスに響きます。この点を考えると半年以上のブランクは危険なので、ブランクがあるならその点がマイナスにならないうちに新天地を見つけたいですね。

会社に新天地探しをばれたくない

現職で働きながら転職活動の準備をする際に気になるのが、新天地探しを現職のばれるリスク。

この点に関しては普通にやっていればばれることはありません。現に会社から離れた場所でエージェントと会ったり、会社とは関係のない土日に活動をしていればまず発覚しません。

ただし、会社のパソコンや会社のメールアドレスで転職サイトを閲覧したり、サイトに登録をしていれば話は別。基本的に会社のパソコンやメールのログを会社側は確認するので、調べられた瞬間にばれます。

この点を考えると、会社のメールアドレスやパソコンは一切使わないようにしたいですね。それに人づてに転職活動の話が漏れないようにするためにも現職のメンバーには退職準備をしている話はしないの無難です。

ちなみに今の職場に転職活動をばれないコツについてはこちらのページでまとめているので、これまでの内容と併せて目を通してみてください。

現職に新天地探しを隠すコツ

転職活動ってお金かかるの?

新天地を探すのにお金がかかるのか、は気にならないでしょうか?

実は意外と馬鹿にならない金額がかかります。現に転職活動をするためには面接を受けに行くための交通費や面接用のスーツを買うためのスール代などは少なくともかかります。

これらの金額はざっと見積もっただけでも15万円くらいはお金がかかると考えた方が良いでしょう。

何ヶ月くらいの期間を見るべき?

新天地探しはどれくらいの時間がかかるのか。

この点に関しては大抵の転職希望者が疑問に思いますが、これは一人一人によって変わります。現に現職が優良企業できちんとしたキャリアとスキルがあれば、引く手あまたなので比較的すぐ職場が決まります。

その一方でぱっとしないキャリアとスキルの方の場合は、やはり長引く傾向があります。このように新天地探しに要する期間は個々人によって変わりますが、1つの目安としては書類の準備等も併せて3ヶ月~6ヶ月のケースが多いです。

そのため、短いと2か月、長ければ半年弱かかると考えるのが良いのではないでしょうか?